World Tripper

世界を旅するブログではありません!

大島トマト

世間ではゴールデンウィークが終了し、皆さん仕事モードに入られてるのではないでしょうか?自分はゴールデンウィークも仕事で休みはいつも通りな感じだったので、久しぶりに足をのばし大島まで魚釣りに行ってきました。

なんだ、釣り日記かよ!と思われるかもしれませんが、釣り日記ではありません!

なぜなら、全く釣れなかったからですw

今日紹介したいのは『大島トマト』です!

訪れた日は5月7日のゴールデンウィーク最終日

本来の目的は魚釣りだったので朝3時半に家を出発し、大島に到着したのは5時をちょっと過ぎたぐらいでした。

いろいろなポイントを回ってもどこも先行者ありで朝8時にはこりゃダメだなと思ったのですがお昼までいろいろなところをウロウロし結局全く釣れませんでしたw

さすがに朝早くから1日遊ぶ時間をくれた嫁にお土産を作らないといけないと思い、今が旬を迎えている大島トマトを買って行くことに!

長崎ではかなり有名な大島トマト、普通の農家さんが作っているトマトではなく、大島造船所という造船所が作っているトマトなんです!

大島造船所は「地域と共に」をモットーに企業活動を行っている会社なんだそうで造船の他にトマトを作ったり、大島酒造という酒造元の株主だったりもします。

大島トマトは他のトマトとどう違うの?と思ってましたが大島トマトは「ファースト」というポピュラーな大玉品種なんだそうです。 ファーストトマトは普通に育てるとソフトボールほどに大きくなってしまうそうなのですが、水を極限まで押さえながらじっくり育てると、ミカンほどの小さな果実にトマト本来の旨みを濃縮していき、真っ赤に熟れたら美味しい大島トマトになるというのです!

f:id:becobego:20170511075455j:image

今回、大島トマトを買いに行ったのは、大島トマトのトマト狩りを行なっている所、平日はトマト狩りを行なっている所とは別の売店で販売しているみたいなんですが、日曜祝日はトマト狩りを行なっている農園で一緒に販売されてます。

トマト狩りは300円+1キロ1300円で買い取りというかなり高価!

販売されているトマトは糖度7度は一袋400円糖度8度9度だと一袋1,000円とまぁこちらもかなり高価!一袋5〜6個入りなので、一個200円(~_~;)

嫁の実家と自分の実家、自宅に買うと3,000円!

今月すでにピンチの自分の財布をさらに追い込みます(~_~;)

たまにはこういうお土産を持って帰らないと気持ち良く釣りに行かせてもらえないですから必要経費として買うしかないですよねw

自宅分は自分も食べるしw

その日の夜ゴハンにトマトとチーズでカプレーゼをして食べましたが、こんなに良いトマトは調理せず丸のままかぶりつくのが1番美味しいですねw

糖度が高いのを売りにしてるだけあって甘くてうまいです!

これならトマトが苦手なうちの息子でも大丈夫!だと思い、一口食べさせるとゔぉえ〜(~_~;)

どうやらトマト全般ダメなようですw

大島トマトは5月いっぱいまでみたいなので、気になる方はお取り寄せで食べてみてくださいw

苦手な人も克服出来るかもw